総合美容機器 Piel

ピエルはIPL(インテンス パルス ライト)を使用した総合機器です。
目的のトリートメント別にモードとフィルターを使い分けることにより1本のハンドピースで、除毛・減毛やフォトフェイスなど様々なトリートメントが行えます。

IPL(Intense Pulsed Light)とは、有害な紫外線をカットし幅広い波長を持つやさしい光で、メラニン色素や、ヘモグロビンなどに作用します。

 

機器の安全性と確実性能

経済産業省の原因究明機関である『生活科学研究所』において、人間の皮膚に最も近いと言われるモルモットを使用し、照射時の皮膚への安全性を検証し、安全であるという結果・報告を頂きました。
同時に社団法人日本統合医療臨床研究機構(主務官庁:厚生労働省、総務省、内閣府)において細胞学、物理学応答性を学術分析及び、消費者保護法に基づいた安全性試験を実施し、臨床検査証明書を取得しています。

ピエルは「皮膚接触式冷却装置」を本体に搭載しているだけではなく、「温度コントロールセンサーによる冷却システム」を搭載した最新鋭のシステムを導入しております。これは、高い安全性の確保のみならず、「施術者によって効果にムラがでない」ということも意味しております。

ジェルを使用する機器

ジェルを使用するタイプの機器の場合、ジェル自体の保湿効果というよりは、冷やされたジェルを塗布することによって、肌表面の冷却を行い、熱から肌を保護し、火傷などのトラブルを防ぐ目的でジェルを使用しています。
そのため、ジェルが冷えていない状態での施術や、施術の際にジェルが均一に塗布されていない場合、効果にムラがでてしまう可能性があります。

Pielはジェル・保冷剤なし!

Pielは、「皮膚接触式冷却装置」を本体に搭載することによって、照射面自体が最大-4℃に冷えるため、施術部位を冷却しながらの照射が可能です。皮膚接触式冷却装置によって、肌表面の水分をうばうことなく、火傷などのトラブルをおこす危険性もありません。また、ジェルを使用しないことにより、お肌の不快感もなく、心地良いトリートメントをお受け頂けます。